スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

記録用日記

9月26日(日曜日)
土曜日の未明に3回ほど外へ出てトイレ。
普通、そのままダッシュで玄関に戻ってくるのだが、昨日から
トイレが終わると、そのまま庭で寝てしまう。
私もそのまま付き合って庭で夜明かししたいところだが
季節の変わり目、涼しいというより肌寒い夜に野宿では
お互いに体調を崩してしまう。
心を鬼にして「No!」と言い、無理やり立ち上がらせて家の中へ追い込む。

このやりとり、自分が一番嫌になる時。
いつも玄関のドアを閉めてからコッソリ泣く。
仕方ないと思いつつ、寝床へ誘導。
できることなら思う通りにさせてやりたい。
でも、何時間も外に出しておくわけにはいかない。
スウスウと寝息が聞こえるまで、私もウトウトしながら朝を迎えた。

朝はパンを焼いてみた。
が、匂いがすでに胸やけを誘うのか?寝室の奥へ入ってしまう。
そのまま午前中は起き上がらず。
だが、呼吸はとても良い状態で前日まであったゼイゼイという音もしなくなった。
天気が良いので、希望通り庭で過ごす。
パラソルで日陰を作ってやったら、ウトウトどころか本当に寝てしまった。
好きなようにさせてやるつもりだったので、そのままにしておいた。

昼になっても起き上がれない。
が、サンドイッチ用の茹で卵の殻を割っていると、ガサゴソと音がして台所へやって来た。
1/4を切って鼻先に持って行ったところ、食べた。
もう1/4は?と口元にさしだすと、これまた食べた。
じゃあ、ともう1/4出すと、やっぱり食べた。
ここまできて残してもねー、と最後の1/4もしっかり食べた。

調子に乗って食べやすくパテ状にしていた鶏や豚、牛などをそれぞれ
鼻先に少しずつ出したが、これはダメだった。
また大量に水を飲んで外へ行き、小さい方だけ出して寝床へ。

この日はどうしても出かけなければならない用事があった。

病気がわかってすぐに、今まで騙し騙し乗っていたオンボロ車の買い換えを決めた。
いつ壊れるかわからないような車では安心できなかったからだ。
ただ、ゆっくりとショールームで話を聞く時間が無く、知り合いに丸投げ状態で
待っているほかなかった。

ところが。
状況を察したのか?先週出かけた名栗から戻った当日に車が故障。
出先でなかったことに感謝しつつ、自分たちも一緒に車探しをすることに。
すると、これまた偶然にも知り合いに頼んで探してもらっていた車が見つかり
それを見に行くことになっていたのだ。

2時間ほど留守にすることになり、心配ではあったがそのまま出かけた。
遅くなるようであれば友人に頼む予定だったが、予定より早く帰宅。
とにかくずっと寝ていたようで、慌てて起き上がり、おもちゃをくわえて
出迎えまでしてくれた。

新しい車が見つかったよ、とワンに声をかけた。
SNSで知り合った方に作っていただいたステッカーをようやく貼ることができそう。
もちろん、主役に乗ってもらわなければ意味がない。
頑張ってもらわねば。

夕方、また公園へ。
ずっと他のワン友達とはご無沙汰だったのだが、この日は久しぶりにお話ができた。
が…良いお話だけで帰れなかった。
13歳のお姉さんゴル・サクラちゃん(うちと同じ名前)が、数日前亡くなったというのだ。
優しいママさんは、私にその話をするのを遠慮して連絡をしないようにと
他のワン友達にお願いしてくれていたそうだ。
なぜなら、彼女もまた同じ悪性リンパ腫を患っていたから。
去年の11月から闘病に入っていたが、9月の初めに会ったのが最後になった。
家族みんなに見守られて、さほど苦しむこともなく旅立っていったとのこと
もう1人のお姉さんゴル・アッシュ(享年10歳・骨肉腫にて5月に他界)もそうだが
このコに礼儀作法を1から教えてくれた2頭が相次いでいなくなってしまった。

私が公園に通い始めて6年間、親戚も兄弟も、知り合いもいないこの土地に来て
ワン同士のお付き合いから始まったこのグループ、今ではお互いの名字は知らなくても
家の中で何が起きていて、今日はどこに行っているか?まで知り合うような仲間になった。

ただ、いつまでも続くだろうとさえ思った楽しい日々も、そう長くは続かなかった。
犬たちはそれぞれに年をとり、元気なコもいれば病気になるコもいた。
食べ物の話や良い獣医の話など、ここで仕入れる情報はすなわちこのコの健康に繋がり
みんなとの忘・新年会やお出かけなど、楽しい行事は私の生活に大きなプラスになった。

傍にいたワン達の姿は見えなくなっても、こうして出来た仲間は
これからもずっと大事にしたいと思う。

涙涙で公園を後にして帰宅。
夜もまた一切食べ物は拒否したままだったが、足取りはしっかりしており
トイレも自力でまだまだ大丈夫なようだ。
が、大きい方がタール状の黒色便なのが気になる。
どこかで出血しているようだが、お医者曰くどうすることも出来ないとのこと。
水を飲まなくなったら連れてくるように言われているが…どうなるんだろうか?

病院に駆け込んだところで、出来るとしても点滴だけ。
今のところ、最悪の数値のわりには元気。
先に逝った仲間のパワーで、もう少しだけ頑張ってくれればと思う。

夜は雨の予報。

トイレのことを考えると、暗くなる。
何とか落ち着いてくれるといいのだけど。







スポンサーサイト
2010-09-27 : 闘病 :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

<さくら家のこと>

michiko

Author:michiko
ヒト2人と1ワンの生活をだら~っと
綴っております。
ヒト①旦那
ヒト②私(ワンの母ちゃん)
ワン サクラ・Gレトリバー

*コメントはこちらの判断で削除
させていただく場合もあります。
ご了承ください。

サクラってどんなコ?

サクラ(ワン)G・レトリバー ♀
2003年5月19日生まれ

好きなもの*肉・昼寝・水泳
嫌いなもの*ケージ・ひとりぼっち
性格はとにかく甘えん坊でマイペース
我が家のアイドル★

2010年6月より
悪性リンパ腫で闘病開始

2010年10月 お空へ

★享年 7歳5カ月4日★


ちょっとひとやすみ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。